【実践】頬のニキビ跡を1ヶ月で治す|まずは赤みを7日間で!

ニキビ跡を1ヶ月で治す

1yoio頬やアゴに広がったニキビ跡の赤みを
約1ヶ月という短期間で治す事に成功!

ニキビ跡を1ヶ月という短期間で治す場合、
肌奥まで広がったニキビの炎症を抑えて、
ニキビ跡を短期間で治す高濃度ビタミンCを
肌奥に浸透させる事で1ヶ月程度で治ります

ニキビ跡の症状にもよりますが、実際に私の
頬のニキビ跡も1ヶ月半で治りました。

短期間でニキビ跡を治す際のポイントは、
真皮層まで届く有効成分でケアする事。
重要なのは有効成分の浸透力です。


⇒実際に使い、1ヶ月でここまで治りました

頬のニキビ跡が1ヶ月半でほぼ完治|高濃度ビタミンCの効果

biamki一般的なニキビケアでは、ニキビ跡を1ヶ月
という短期間で治すのはほぼ不可能です。

ニキビ跡が消えない原因は、肌奥に存在する
真皮層という部分まで広がった炎症が原因。

真皮層に炎症が到達すると、メラニン色素を
大量に生成してしまい、赤みやシミのような
色素沈着のニキビ跡が残ってしまいます。

しかも、真皮層には自己修復能力が無いので
自然に治る事はありません。また肌の奥深く
に存在するため治すのが難しいのです。

その真皮層を治せるのが高濃度ビタミンC。
真皮層のダメージを修復して、美白効果でメ
ラニンを消して赤み・色素沈着を治します。



⇒実際に使用して、1ヵ月後の写真がコチラ

10gggak高濃度ビタミンCが早く結果を出す

  • 最大浸透力10倍
  • 他のビタミンC成分の3倍浸透
  • 純度100%のピュアビタミンC採用
  • 濃度7.5%・皮膚科の1.5倍の高濃度
  • 通常の2倍の効果スピード


炎症し、傷付いた真皮層を急速に修復する
天然ピュアビタミンCを浸透させる事で、
悩み続けたニキビ跡がグングン消えます。

世界特許を取得した浸透技術により、
今まで肌に浸透させる事のできなかった
天然ピュアビタミンCを真皮層まで浸透。


⇒【写真】実際に使用して1ヶ月でこの状態

ニキビ跡にビタミンCの濃度が重要な理由

12gggakニキビ跡を治すには3%以上は必要

現在多くのスキンケアに配合されてるのが
『ビタミンC誘導体』という成分。
聞いた事がある人も多いと思います。

このビタミンC誘導体、実は人工的に作られ
た成分で、ビタミンC成分の一部を加工し、
浸透しやすいように作られてるのですが、

問題なのは、ほとんどのスキンケアに配合
されてるビタミンC誘導体は濃度が薄く、
平均で1%程度の濃度しかありません。

ニキビ跡を治すために必要なビタミンC濃度
は、最低でも3%以上は必要なので、ほとん
どのビタミンC誘導体では治らないのです。


⇒このビタミンCは濃度7.5%|こんな感じ

sinnn最も効果が高いのはピュアビタミンC

ビタミンCを配合したスキンケアには2種類
の物が存在するのはご存じでしょうか?

  • ビタミンC誘導体
  • ピュアビタミンC


ほとんどのスキンケアではビタミンC誘導体
が配合されていますが、これは人工的に加工
されたもので、あまり効果がありません。

逆にピュアビタミンCは純度100%の天然の
ビタミンCそのものなので、肌の回復力が
バツグンに高いのです。

ニキビ跡がひどかったり、早く治したい場合
は、高濃度のピュアビタミンC成分が配合さ
れた美容液をぜひ使ってみてください。


⇒ピュアビタミンC「使用後」肌の状態です

ピュアビタミンCでニキビ跡が1ヶ月で完治

bohjdi4ニキビ跡を1ヶ月という短期間で治す場合、
ピュアビタミンCを浸透させる事が、
一番効果的で、安く治せる方法です。

レーザー治療などは費用が高く、肌に刺激が
あるので、人によっては長期間の治療が必要

赤み・色素沈着のニキビ跡なら、約1ヶ月で
かなりの効果が実感できるハズです。

もちろん、ニキビ跡を治すには洗顔や保湿も
重要なのですが、キメ手はビタミンCです。


⇒実際に使用して、1ヵ月後の写真がコチラ






















Pocket
LINEで送る

この記事を読んだ方に人気の関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ