ニキビ跡の赤みを消す化粧品|どんな肌質でも使える高濃度ビタミンC

ニキビ跡を短期間で治す美容液
どんな肌質でも使える効果的なスキンケア
azcvb12

ニキビ・ニキビ跡はどんな肌質でも発生しま
す。オイリー肌でも乾燥肌でも混合肌でも
ニキビの炎症を放置すれば跡になります。

ニキビ跡を自宅ケアで治そうとする場合、
ほとんどの化粧品は肌質によって使える物と
使えない物があります。

ピーリング作用のある物は敏感肌や乾燥肌の
人には刺激が強すぎて悪化する場合も。

ニキビ跡を治す場合、まずは自分の肌質を
キチンと把握する事から始めましょう。

⇒自分の本当の肌質を見分ける方法

ニキビ跡になりやすい肌質ってあるの?

ニキビ跡は肌質に関係なく発生します。
オイリー肌でも乾燥肌でも混合肌でも、
ニキビが悪化すれば跡になります。

ただ、乾燥・敏感肌のニキビ跡を治す場合、
角質層の奥がバサバサに荒れていますから、
炎症を抑えると同時に潤いを保つ事が大切。

モチロン、オイリー肌の場合でも潤いを保つ
事は大切ですが、頬やアゴは基本的に乾燥し
てる部分です。

頬のニキビ跡を治す場合は、奥の炎症を抑え
潤いを保ちターンオーバーを正常化できる
スキンケアを使う事。

⇒7日間で効果を実感 角質層からニキビ跡を修復する

どの肌質でもニキビ跡を治す為に共通する事

頬やアゴのような顔のニキビ跡を治す場合、
どの肌質でも共通するポイントがあります。
赤みや色素沈着を治す場合、かなり重要です

  • 毛穴の奥の汚れを落とす
  • 角質層の奥の修復ができる
  • 刺激が無く敏感肌でも使える物
  • 美白効果に優れている物
  • ホルモンバランスを整える物
  • 角質層の奥まで浸透するビタミンC
  • メラニンを抑える事ができる物
  • ターンオーバーを促進させる物

赤みや色素沈着、凸凹のクレーターニキビを
自宅ケアで短期間で治す場合、上記のような
角質層から修復できる物を使う事。

⇒角質層の奥から修復する 高濃度ビタミンC

頬の赤みやクレーターは高濃度ビタミンCが効く

頬やアゴ・コメカミの赤みニキビ跡や凸凹の
クレーターニキビには高濃度ビタミンCの
スキンケアでなければ治りません。

どんなに優れた洗顔料を使っても、ニキビ跡
の原因である角質層の奥の修復はできません

角質層の奥、真皮層は自己修復できません。
ですから、外部から高濃度ビタミンCを浸透
させるしか方法はないのです。

浸透力が高く濃度が高いビタミンCなら
短期間で結果が出ます

⇒7日間で効果を実感 返金保証付きのビタミンC美容液

 

 

 

Pocket
LINEで送る

この記事を読んだ方に人気の関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ