頬の赤みニキビ跡を確実に消す|早く治すためのポイント

頬のニキビ跡の赤みを治せた女性

こんな感じで悩んでませんか?

hoo2

  • 頬のニキビ跡が消えない
  • ニキビ跡の赤みがずっと残ってる
  • 赤茶色・紫色のニキビ跡
  • ニキビ跡が凸凹状態
  • 皮膚科に通院してるのに治らない

どうですか?このような状態で悩んでる人は
何をやっても全く効果が無く、もう何年も
頬のニキビ跡・赤みが残ってるハズです。

頬・アゴ・エラなどの皮膚は、乾燥気味で
ニキビの炎症が奥まで広がりやすい場所。

早く確実に治すためには、肌表面だけでなく
肌の奥から治す事が重要です。

どうやっても治りません。どうすればいいですか?

ニキビ跡は肌奥の真皮層から治す事

皮膚科の女性の画像ニキビ跡が消えないのは、肌の奥にある
真皮層まで炎症が広がってる状態です。

奥まで広がった炎症を抑えるために
グリチルリチン酸などの薬用成分で
ニキビの炎症を確実に抑えながら

ニキビ跡の一番の原因である
真皮層のダメージを治すために、
純度100%のピュアビタミンCを
真皮層まで浸透させるのが効果的。

有効成分を奥まで確実に浸透させる事で
頬のニキビ跡を早く消す事ができます。


⇒実際に使用して、1ヵ月後の写真がコチラ

頬のニキビ跡の赤みを消す女性こんな症状に効果的です

  • 赤みがひどいニキビ跡(痕)
  • シミのような色素沈着したニキビ跡
  • 顔全体に広がったニキビ跡の赤み
  • 凸凹・ボコボコのクレーター状態の痕
  • ニキビ跡と同時に毛穴も目立つ
  • 皮膚科の薬でも治らないニキビ

ビタミンCの中で一番効果と濃度が高い
天然の純度100%ピュアビタミンCを
角質層の奥の真皮層まで直接浸透させます。

他のビタミンC誘導体の数倍の効果を与え、
皮膚科の1.5倍の濃度でニキビ跡を修復。
今までレーザー治療でしか治せなかった
真皮層のダメージを治す事ができます

⇒実際に使い、1ヶ月でここまで治りました


logo122

頬のニキビ跡の赤みを消すには炎症を抑えて内側から治す事

hoo50ずっと治らなかった頬や顎(アゴ)周辺の
赤いニキビ跡やシミのような色素沈着の跡、
凸凹にえぐれたクレーター状態のニキビ跡は
丁寧に洗顔するだけのケアでは治せません

どんなに丁寧に洗っても、肌の深層部にある
真皮層のダメージは治せないのです。

ニキビ跡を早く確実に治すためには
肌の外と内側の炎症を抑えながら
真皮層に高濃度ビタミンCを浸透させる事

正しい洗顔の後の高濃度ビタミンCは
肌に吸い込まれていくように浸透します。

⇒使用者の98.9%が完治|「使用後」の状態

hoo51何年も悩んだ跡が1ヶ月で治った実例も

肌に優しい超高濃度のピュアビタミンCが
真皮層にグングン浸透して色素を排除し、
傷ついた凸凹の肌内部を一気に治します。

一般的なビタミンC誘導体の数倍の効果で
皮膚科の1.5倍濃度のビタミンC。
今までの2倍のスピードで効果を発揮。

真皮層にビタミンCが直接浸透する事で、
新しい皮膚細胞がドンドン生まれてきます

実際に、この成分を使って数年間悩んだ
真っ赤なニキビ跡が、使用後1ヶ月で
完全に治ったという実例がいくつもあります

⇒実際に使用した感想|7日間で効果を実感

頬の赤い跡はモチロン、重度のニキビ跡を治すための4つのポイント

kaokire2頬やアゴ周辺の赤み・ニキビ跡を早く治す為
には、真皮層から治す事が重要なのですが、
そのために4つのポイントがあります。

  • 毛穴奥の皮脂・汚れを綺麗に落とす
  • アクネ菌の炎症を早く沈める
  • 真皮層に有効成分を送り届ける
  • 潤いを保ちバリア機能を高める

つまり、毛穴の汚れや雑菌を完全に落として
炎症を抑える薬用成分とピュアビタミンCを
浸透させやすくし、その効果を保つ事で

長年のニキビ跡を早く消す事ができます。

⇒たった1ヶ月程度でここまで治りました

logo102

薬用成分・美白・美肌成分で頬のニキビ跡を消す事ができます

kango2

モンモリロナイト(洗顔)

モンモリロナイトとは超微粒子の粘土の事。
天然クレイ成分が毛穴の奥深くの皮脂や雑菌
を残さず吸着し、優しく炎症を抑えます。

グリチルリチン酸(化粧水)

肌に刺激を与えず炎症を抑える成分。奥まで浸透して、外と内の両方から炎症を抑えます。

ピュアビタミンC(美容液)

純度100%の天然ビタミンC。効果は一般的な
ビタミンC誘導体の3倍とも言われる。
配合濃度は7.5%で、皮膚科の1.5倍濃度。

QuSomeモイスチャーゲル(保湿)

真皮層から潤いを保ち、ハリや弾力を回復。
内部から水分を保つのでバリア機能が高まる

logo104

⇒使用前と使用後の私の写真がコチラです


レーザー治療でも一番重要なビタミンC

ニキビ跡に悩む人が一度は考えるレーザー治療。
レーザーを照射して皮膚の表皮を削った後に必ずビタミンCを導入していきます。

レーザー治療の目的は肌奥までビタミンCを浸透させて、皮膚細胞を早く再生させる事。
それくらい、ビタミンCを浸透させる事はニキビ跡を治すためには重要な事なのです。


ピュアビタミンCをはじめ、全ての成分が浸透

hooo45真皮層に浸透するから確実に治る

角質が厚く、炎症が広がりやすい頬やアゴ。
この部分のニキビ跡や赤み、凸凹を消すには

肌の外と内からニキビの炎症を抑えて
高濃度で純度の高いピュアビタミンCを
真皮層に直接浸透させる事で解決します

高濃度ピュアビタミンCの効果
  • 真皮層を治せる唯一の成分
  • 美白効果(メラニンを抑える)
  • コラーゲン生成(凸凹を治す)
  • 余分な皮脂を少なくする
  • 炎症で出血してる毛細血管を修復
  • シワ・毛穴・たるみを引き締める

真皮層は自然に治る事はありません。
だからこそ、ピュアビタミンCを
直接浸透させる事が重要なのです。

⇒実際に使って7日間で赤みが消えました


hooo46

シミ・毛穴の開き・シワも治す事が可能

ニキビ痕の赤みが治った女性肌にハリを与え、透明感を出します

シミや色素沈着したニキビ跡、黒ずみ、
目じりのシワやほうれい線、ブツブツ状態の
毛穴の開きや黒ずみも同時に治します。

真皮層にピュアビタミンCが浸透する事で
コラーゲンを生成して肌にハリを与えるから
シミ・黒ずみ・シワ対策が同時に可能。

ピュアビタミンCの美肌効果はバツグン。

メラニンを抑えてコラーゲンを生成するから
ニキビ跡は消え、透明感のある若々しい肌を
短期間で作る事が可能になります。

⇒シミや毛穴にも効果|実際に使用した感想

hooo50

真皮層のダメージは自然には治らないからこそ

hooo51ニキビの炎症が広がって傷付いた真皮層。
この真皮層は、肌の表面と違い、自己修復が
できないので自然に治る事はありません。

だからこそ、角質層の奥の真皮層まで
しっかり浸透するスキンケアが必要です。

真皮層に直接、高濃度ビタミンCが浸透。
今までずっと治らなかったニキビ跡が
日に日に消えて行くのが実感できます。

⇒実際に使ってみた感想をまとめました


hooo52

どれくらいの期間で頬の赤いニキビ跡は消えるのか?

hooo53真皮層まで浸透するビタミンCを使う場合
約1ヶ月~2ヶ月程度で消えて行きます

凸凹のクレーター肌は3ヶ月~4ヶ月程度。

頬の赤い凸凹のニキビ跡で悩んでいた私は、
使用後1週間で徐々に赤みがひいていき、
1ヶ月半でほぼ、完治した感じです。

ニキビ跡の原因、真皮層に直接ビタミンCを
浸透させるので、とにかく早く跡が消えます
使用者の98.9%が完治したスキンケア。

早い人だと1ヶ月程度で治ります。

1年間 全額返金保証|価格1800円

⇒治らなければ全額返金|実際に使った感想




















頬のニキビ跡の赤みや凸凹のクレーター跡を治すには、肌の角質層の奥まで入り込む、高濃度ピュアビタミンCの10倍浸透力が最も効果的でしょう!!ニキビ跡にビタミンC誘導体が効果的なのは有名なのですが、赤みが消えない状態や、ボコボコのクレーター跡は、ほぼ治りません通常のビタミンC誘導体は浸透力が弱いのでニキビ跡の消えない赤みやニキビの凸凹のような真皮層のダメージは治せないのです。長年のニキビ跡の赤みを消すのは、真皮層まで浸透するピュアビタミンCだけ。通常のビタミンC誘導体の10倍の浸透力。皮膚科の1.5倍の濃度のビタミンCでニキビ跡の赤みを消すのがビーグレンです。なぜ頬のニキビ跡の赤みが消えないのか?頬ニキビの赤みが消えない場合、ニキビ跡が進行して角質層の奥が痛んでる状態。ニキビの炎症が奥の方まで達し、角質細胞が破壊され鬱血(うっけつ)してるから、ニキビ周辺が赤くなります頬やUラインに出来たニキビ跡の赤みを短期間で治す場合には奥の真皮層から修復できるスキンケアを使う事が必要です。頬のニキビ跡の赤みや凸凹は自宅ケアで治す事ができます一般的にはニキビ跡の赤みや凸凹のクレーターニキビは自宅ケアでは難しいと言われます実際に私も皮膚科の薬でも治らなかった一人ですが、真皮層から修復できるスキンケアに変える事で治す事ができました。ポイントは奥の炎症を抑える事今考えると当然なんですが、ニキビとニキビ跡の治し方は違います。ニキビは表面、ニキビ跡は奥なんです。だからこそ浸透力10倍の天然ビタミンCを肌奥に送り込むビーグレンが効くんです。大人ニキビ跡の赤みは真皮層からの修復で現役の皮膚医学博士が開発したニキビ跡ケアニキビ跡の赤みや凸凹を治すには肌深層部の真皮層を修復する事が大前提なのですが、通常のスキンケアでは奥まで浸透しません。そこで皮膚医学の薬学博士が開発したのが、真皮層から修復させる技術のビーグレン。肌奥の真皮層まで高濃度ビタミンCを浸透させる事で驚くほど短期間で赤みが消えます。ビーグレンの浸透技術は世界特許取得。超高濃度のピュアビタミンCを肌内部に浸透させる事で、赤みの原因である炎症を一気に抑えて、ニキビ跡の色素を体外に排出。またビタミンC誘導体よりさらに効果の高い天然100%のピュアビタミンCを使用。超高濃度のビタミンCが肌奥の真皮層まで入り込んで治す超浸透型ビタミンCです。頬のニキビ跡の正しい治し方とは?頬はTゾーンと違い、皮脂だけがニキビの原因ではありません。乾燥による毛穴の硬化、詰まりが原因です。頬のニキビ跡の赤みを治す場合、●毛穴の奥から皮脂・汚れを落とす●角質層の奥の炎症を抑える●メラニンを抑え、コラーゲンを生成する●ターンオーバーを回復するこのような一連の流れを作る事が大切。その為には洗顔だけでは改善できません。効果的な洗顔後の化粧水・美容液が必要です頬のニキビ跡の赤みを治すのに有効なスキンケアは?頬やアゴのUラインのニキビ跡を消すには●毛穴の奥の奥までキレイにする事●肌にやさしく、刺激の無い物を使う事●奥まで浸透して炎症を抑える事●角質層の奥の真皮層を修復する事が重要になります洗顔料ニキビ跡で赤みのある腫れた肌は毛穴自体が硬くなり、小さくなってます。この症状に有効な洗顔料は毛穴の奥まで入り込む超微粒子の洗顔料が非常に効果的です。天然成分で敏感肌でも使える物を使う事とくに効果的なのはグリチル酸を含む泥洗顔超微粒子の泥成分が入り込み、毛穴の奥の炎症を抑えてニキビ修復に効果的です。化粧水.美容液ニキビ跡の赤みを消す場合、この化粧水と美容液が最重要ポイントです。赤みや凸凹のあるニキビ跡は角質層の奥が炎症してダメージを受けてる証拠。角質層の奥は洗顔では治す事ができません。ですから、洗顔の後に浸透力の高い高濃度ビタミンC配合の物を使う事が必要になります。高濃度で浸透力の高いビタミンCでなければ角質層奥の真皮層の修復はできません。頬のニキビ跡の赤みを消すには浸透力がカギ治りにくい頬のニキビ跡を治すには、とにかく浸透力の高い高濃度ビタミンC配合のスキンケアを使う事。ニキビ跡改善にはモチロン洗顔も重要ですが、炎症を抑え、赤みを消すには、ビタミンCの力で肌質そのものを綺麗にする事。高濃度ビタミンCは角質層の奥から修復できる唯一の成分です。また、ニキビ跡を治すだけでなく、透明感のある肌を作れます。
Pocket
LINEで送る

サブコンテンツ

このページの先頭へ